想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

【ヒント&ピント】伝えよう!JAの自己改革42018年10月23日

一覧へ

 いくら立派な広報誌を作っても、組合員に読まれなければ意味がない。どうすれば手にとり、目を通してもらえる広報誌をつくれるか。いま、そのことが「自己改革」を進めているJAに問われている。そうした工夫のみられる記事を、当協会に送っていただいている広報誌の中からピックアップし、この欄で重点的に掲載します。

◆役員訪問での声を
・JA遠州中央の「ときめき」ヒント&ピント 役員訪問での声を JA遠州中央の「ときめき」
 組合員と徹底的に話し合うというJA自己改革の趣旨に沿って、「ときめき」8,9月号は、常勤役員、経営管理委員の21人が自ら訪問活動を行って聞いた意見と、それに対するJAの回答を掲載している。とかく訪問しっぱなしで、組合員の意見も伝わるのは担当部署だけになりがちだが、職員や組合員と問題を共有する姿勢は大事なことだ。全部で14の質問を取り上げ、今回と次回、そして別に「自己改革特別号」をつくり、3回に分けて紹介する。

 

◆改革の成果を確認
・JAさがみの「さがみ」ヒント&ピント 改革の成果を確認 JAさがみの「さがみ」
 中面の4ページを使って自己改革の実践編を特集。これまでの取り組みを取りまとめたものだが、農機の受託利用事業、販売力強化、新規就農支援、組合員との対話活動、農業理解への取り組み、1支店1活動やCS活動などの事例を紹介。来年5月までの農協改革集中推進期間は残り少なくなった。こうした特集で、組合員とともに改革の成果を確認しあい、次のステップにつなぎたい。

(いずれの写真もクリックすると大きくなります。)

 

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る