人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

JAの活動:JA新組合長に聞く

【'24新組合長に聞く】JA佐久浅間(長野県)髙栁利道組合長 営農経済事業改革に全力2024年6月25日

一覧へ

役員の改選期を迎え、全国のJAで新しい組合長が誕生している。折しも「基本法」(食料・農業・農村基本法)が25年ぶりに改正となり、これからの農業の方向が示されたが、具体的な施策はこれから。一方でJAグループは、今年10月の第30回JA全国大会を控え、いま組織協議が進んでいる。この重要な転換期に農業・JAについてどのようなビジョンをもってJAの運営に臨むか。長野県JA佐久浅間の髙栁利道組合長に聞いた。

髙栁組合長代表理事組合長 髙栁利道氏

「変化に勝てる経営の〝高み〟を目指し、みんなに〝利益〟を還元する〝道筋〟を創ります」。自分の名前からとったものですが、これを合言葉に、役職員と一体となってJA経営基盤の確立・強化に取り組みたいとの決意を就任のとき述べました。特に営農経済事業の収支改善は事業改革の本丸です。

令和5年度から「営農・経済事業の成長・効率化プログラム」の実践に取り組んでいるところです。管内は高速道路網が整備され、首都圏や中京圏に近くなり、いまや都市近郊型の農業になっています。リンゴ、ブドウなど果実をはじめ、300品目以上の農畜産物があり、大消費地に安定供給できる全国有数の産地です。この条件を生かして農家所得の増大に努めます。

子会社の㈱グリーンファームはその中心になっています。農作業の受託や遊休農地での野菜栽培、畜産農家と連携した牧場の経営などを行っています。また新規就農者の研修を実施し、〝のれん分け〟によって若い新規の就農者が増えています。事業改革は経費の圧縮だけでは先細りです。5年、10年先を見据えた事業改革・投資計画づくりが欠かせません。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る