人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

JAの活動:JA新組合長に聞く

【'24新組合長に聞く】JA兵庫南(兵庫県)野村隆幸組合長 学給用の有機米に挑戦(6/22就任)2024年7月9日

一覧へ

役員の改選期を迎え、全国のJAで新しい組合長が誕生している。折しも「基本法」(食料・農業・農村基本法)が25年ぶりに改正となり、これからの農業の方向が示されたが、具体的な施策はこれから。一方でJAグループは、今年10月の第30回JA全国大会を控え、いま組織協議が進んでいる。この重要な転換期に農業・JAについてどのようなビジョンをもってJAの運営に臨むか。6月22日に就任した兵庫県JA兵庫南の野村隆幸組合長に聞いた。

JA兵庫南(兵庫県) 野村隆幸組合長JA兵庫南(兵庫県)
野村隆幸組合長

昨年から有機米の生産に取り組んでいます。学校給食に有機米を取り入れる管内の稲美町と連携し、同町を重点モデルとして化学農薬、化学肥料を使わない米作を確立したいと考えています。そのためカントリーエレベーターから出るもみ殻の堆肥、製鉄所から発生する鋼滓(こうさい)を肥料や土壌改良に使うなど、地元資源を有効活用するとともにコストの低減にもつなげます。

農産物はなるべく地元の消費者に食べていただくことを基本に、管内に8カ所の直売所を設け、地産地消の目玉にしています。直売所の利用者は准組合員になり、農業の応援団として農業やJAを支えていただく、この流れをより強固にしようと思っています。

管内は大麦の生産が盛んです。国産への需要はあるのでもっと増やしたいが、気候変動の影響か、収穫期の雨に見舞われ収量が安定しません。一定の収入を補償し、麦作が継続できる仕組みを考えてほしい。JAの運営面では、特に女性が生き生きと働ける職場づくりをめざしています。女性の管理職も増やしたい。いまその具体策を準備しているところです。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る