農政 ニュース詳細

2013.03.08 
今こそ見せよう! 底力 農山漁村女性の日一覧へ

 全国女性農業委員ネットワークやJA全国女性組織協議会など8団体は3月7日、第26回「農山漁村女性の日」記念の集いを台東区立浅草公会堂で開いた。

nous1303080601.jpg この集会は農山漁村女性の地位向上と農林水産業・農山漁村の発展を図るため、3月10日の「農山漁村女性の日」を記念して毎年開いている。
 今年のキャッチフレーズは「今こそ見せよう!農山漁村の底力」。全国から約700人が集まり、「農山漁村女性・シニア活動表彰」、「農山漁村女性男女共同参画優良活動表彰」の表彰式と農林水産大臣賞受賞者による活動報告などを行った(受賞者はこちらの記事から)。
 全国女性農業委員ネットワークの船ヶ山美津子会長はあいさつのなかで「現在、全国に2171人の女性農業委員が活躍している。この集会には10回以上参加しているが最初の頃は農山漁村にとって男女共同参画とはどこ吹く風? というかんじだったが、たくさんの行動を起こし思いを発信してきた。各省の後押しで農業委員・農協の理事には徐々に女性が参画できるようになってきた」と語った。
 来賓の加治屋義人農水副大臣は林芳正農相の祝辞を代読し「農林水産業の潜在的な可能性を引き出すためには攻めの農林水産業の展開が重要で、それにはアイデア、行動力に優れる女性の能力発揮が不可欠。農水省としても経営や地域の方針決定の場に女性参画をすすめるとともに、女性のネットワークづくりや新たなチャレンジをバックアップし、多くの女性が主体的に活動し能力を最大限に発揮できる支援を行っていきたい」と述べた。
 また、佐村知子内閣府男女共同参画局長は「女性による安心・安全な農産物の生産や新しい特産品づくり、食育などが成長の糧となり、地域の魅力溢れる社会がつくれると期待している」と森まさこ内閣府特命担当大臣の祝辞を代読した。
 集会最後には▽東日本大震災からの復興支援▽自然環境を守り育てる運動▽女性の社会参画の一層の促進▽農山漁村と都市との連携▽くらしにおける伝統文化の継承▽幅広い世代の女性の就業の活性化、の6項目を宣言した。


(関連記事)

女性農林漁業者のビジネスチャンスめざしネットツールを開設 (2012.10.04)

男女ともに協力し未来を築こう  農山漁村女性の日 記念の集い (2012.03.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ