農政 ニュース詳細

2013.03.11 
JA全青協「TPP交渉参加断固反対」で声明一覧へ

 JA全青協は3月8日、「TPP交渉参加に断固反対する」とする会長声明を発表した(声明全文は本文下に掲載)。

 JA全青協は、国会や議員会館前での座り込み、執行部による政府・国会議員への要請活動、全国各地での街宣活動を繰り返し行い、TPP交渉参加への反対を訴えてきた。
 しかし、安倍普三首相は「TPPは聖域なき関税撤廃が前提でないことが明らかになった」などとしてTPP交渉参加に前のめりな姿勢を示していることから、「全国の盟友は大きな怒りと危倶を抱いている」として、「全国の盟友の総力を結集し、強力に断固反対に向けた運動を展開していく」とする会長声明を出した。
 会長声明では、「TPPが日本の農業のみならず社会全体に与える危険性は、こうした農村や離島をはじめとする地域コミュニティや政策のあり方を根本から揺るがしかねない」として、改めて、その危険性と将来に及ぼす影響の重大さを指摘している。
 また、JA全青協は12日に全国から200人の盟友らが結集し、14時30分から首相官邸前で抗議行動を行うことも発表した。12日は13時から日比谷野外音楽堂でJAグループによる大規模な集会も予定されている。


JA全青協会長声明

【TPP交渉参加に断固反対する】

 JA全青協では、食の安全にかかる制度や医療制度など、国民の暮らしに甚大な影響を与え、農業の生産基盤や国家の主権をも侵害する危険性が極めて高いTPP参加断固阻止に向けた運動として、政府や国会議員への要請、議員会館前での座り込みおよび全国各地での街頭宣伝活動等を精力的に展開してきた。

 しかし、安倍総理は、TPPにかかる情報を国民に十分開示せず、日米首脳会談後の記者会見等において、TPP交渉が「聖域なき関税撤廃が前提でない ことが明確になった」と交渉参加に前のめりな発言を繰り返しており、全国の盟友は大きな怒りと危倶を抱いている。

 JA全青協は、これまでも、そしてこれからも、我が国の農業の生産基盤、農業を基軸につながっている地域コミュニティの維持・発展、そして我々若手生産者が将来も安心して営農を継続し、次世代につなげていくための取り組みを基本として行動していく。

 そして、このことを実現するための政策のあり方について、ポリシーブック等を活用した政策提案活動を中心とした取り組みを強化していく。

 TPPが日本の農業のみならず社会全体に与える危険性は、こうした農村や離島をはじめとする地域コミュニティや政策のあり方を根本から揺るがしかねないものであり、そうした協定への参加に向けた動きに対して、全国の盟友の総力を結集し、強力に断固反対に向けた運動を展開していく。

平成25年3月8日
全国農協青年組織協議会 遠藤文彦

 

(関連記事)

JA全青協が林農相を訪問 「TPP反対の意志貫く」(2013.01.23)

「常にチャンスを見つける心構えを」村上副会長 JA全青協リーダー研修 (2013.01.11)

【提言】日本農業の未来を創る 体験に基づく私的農業論 JA全中副会長 村上光雄 (2013.01.08)

JA全青協、国会前の座り込み始まる TPP交渉参加断固阻止(2012.11.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ