農政 ニュース詳細

2013.05.17 
人・農地プランによる融資増える 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業は、農業・食品産業向けの融資をのばしている。5月16日に発表した。

 農林漁業・食品産業向け融資の推移 平成24年の融資実績は1万1807件、3187億円。このうち、農業向けは2172億円で全体の7割ほどになる。
 融資額は前年に比べて92億円増となり、2年連続で前年比増。2年連続で3000億円を上回るのは16年以来8年ぶりだ。
 農業向け融資のなかで最も多く利用されているのは「スーパーL資金」で、4912件、1097億円だった。24年4月からは、政府がすすめる「人・農地プラン」を作成し、そのプランのなかで地域の中心的経営体に位置づけられた認定農業者がスーパーL資金を借りる場合、5年間は実質無利子化する制度を設けているが、これの利用事例は全国572市町村で3058件、651億円あり、「順調な滑り出しになった」としている。


(関連記事)

震災関連融資、2年間で1768億円 日本公庫(2013.05.09)

伊達信金、倉吉信金と提携 日本政策金融公庫(2013.04.04)

公庫と6次産業化ファンドが業務提携(2013.03.22)

後継者選びのポイントは「意欲」 公庫調査(2013.03.22)

農業景況DI8年ぶりプラス 公庫が調査(2013.03.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ