左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

丸田洋氏(新潟)、三浦茂雄氏(岐阜)が大賞2013年9月27日

一覧へ

日本政策金融公庫平成25年度「アグリフードEXPO輝く経営大賞」

 日本政策金融公庫は9月26日、平成25年度「アグリフードEXPO輝く経営大賞」の受賞者を発表した。

 この賞は、公庫農林水産事業が平成17年に創設。農林漁業、食品産業の優れた経営者を表彰し、それらの発展と環境保全型農業の推進をめざし、毎年選定している。
 今年の大賞は、東日本エリアが丸田洋・(有)穂海農耕代表取締役(新潟県上越市)、西日本エリアが三浦茂雄・わかば農園(株)代表取締役(岐阜市)の2人。特別賞が阿部荘介・(株)阿部繁孝商店相談役(岩手県二戸市)、楠田喜熊・(株)雲仙きのこ本舗代表取締役(長崎県南島原市)の2人に決まった。
 丸田氏は45haで稲作を経営。平成17年に農業生産法人を設立し、J-GAP認証の取得や、別法人を設立し米の集荷・卸も自前で行っている。
 三浦氏は個人経営のスーパーの野菜加工部門を独立し昭和55年に法人化。自社農場は岐阜県をはじめ6県で合計240haを持ち、カット野菜の生産も行っている。
 受賞者への表彰は、公庫の支店が随時行っていく。


(関連記事)

台風18号・大雨災害の特別相談窓口設置 公庫(2013.09.18)

農業経営アドバイザー、2420人に 公庫(2013.08.19)

特例融資136億円に 公庫の飼料価格高騰対策(2013.08.01)

公庫、大雨被害の特別相談窓口設置(2013.07.31)

イオン銀行と日本公庫、農林水産業で業務協力(2013.07.09)

飼料メーカー支援など総額101億円 緊急対策(2013.06.27)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る