左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地産地消優良活動を表彰 まちむら交流きこう2013年10月28日

一覧へ

 まちむら交流きこう((一財)都市農山漁村交活性化機構)は、平成25年度「地産池消優良活動表彰」および「地産池消給食等メニューコンテスト」の受賞者を決定した。

 同機構は全国地産池消推進協議会と共催し、全国各地で創意工夫のある地産地消による地域の活性化につながる活動のなかから優良な活動を表彰してきている。
 今年度の「地産池消優良活動表彰」は、地域振興部門で農林水産大臣賞を受賞した宍栗市学校給食センター(兵庫県宍栗市)、交流促進部門で農林水産大臣賞を受賞した(株)ナチュラルスタンスクラブ(秋田県大仙市)をはじめ8件。
 「地産池消給食等メニューコンテスト」は、学校給食・社員食堂部門が農林水産大臣賞の社会福祉法人矢沢保育園(岩手県花巻市)、文部科学大臣賞の宝達志水町立押水中学校(石川県宝達志水町)をはじめ8件。外食・弁当部門が農林水産大臣賞受賞の多賀クラブ(滋賀県多賀町)はじめ2件となっている。
 なお表彰式は、11月1日に開催される「平成25年度地産池消推進全国フォーラム」(コンファレンススクエア エムプラス10F「グランド」千代田区丸の内三菱ビル)において行われる。
 審査結果などはコチラ


(関連記事)

学校給食甲子園決勝、出場12校決定(2013.10.15)

6次産業化・地産地消認定件数 1500件超える(2013.06.04)

今こそ見せよう! 底力 農山漁村女性の日(2013.03.08)

長野県の「木曽ひのきの森」が農林水産大臣賞(2013.04.24)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る