農政 ニュース詳細

2014.03.17 
農業の景況DI低下 日本政策金融公庫一覧へ

 日本政策金融公庫がこのほど発表した平成25年下半期の農業景況DI(※)によると、8年ぶりにプラス値となった24年から一転マイナス値となった。

 農業全体の景況DIは▲1.4で、24年の13.2から14.6ポイントの低下。業種別では、肉用牛(8.3→20.5)、養豚(▲38.1→43.6)、採卵鶏(▲40.6→43.9)など一部の畜産業種の景況DIが大幅に改善した一方、稲作(北海道43.9→▲4.2、都府県36.2→▲10.2)、茶(▲12.8→▲44.8)など過半の業種では数値が低下した。
 なお26年の見通しDIは、25年(▲1.4)から12.3ポイント低下し▲13.7となった。特に稲作(北海道▲4.2→▲57.3、都府県▲10.2→▲36.2)の低下が目立つ。
 また、生産コストDIは、24年(▲50.7)から12.2ポイント低下し▲62.9となり、過去最低値の20年(▲63.5)に次ぐ低い値となった。各業種で低下しており、国際的な原油・穀物市況や円安により、燃料をはじめ飼料、肥料などのの生産資材費が高止まりしている影響とみられる。

 調査は26年1月に実施。スーパーL資金および農業改良資金の融資先で、アンケート調査に回答のあった6938件を集計した。

(※DI=動向指数とは、前年と比較して「良くなった」の構成比から「悪くなった」の構成比を差し引いたもの)


(関連記事)

アグリフードEXPO大阪 商談件数が過去最多(2014.02.25)

農業用ダム使った小水力発電事業に融資 公庫(2013.11.08)

北群馬信金と提携 日本政策金融公庫(2013.10.29)

北海道の2信金と業務提携 日本政策金融公庫(2013.10.17)

入場者、商談数とも過去最高 アグリフードEXPO(2013.08.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ