農政 ニュース詳細

2014.04.23 
引用論文数1位は東大 国別では5位一覧へ

 米国の大手通信・情報サービス企業トムソン・ロイターは4月15日、世界に影響力のある日本の研究機関ランキングを公表した。

 このランキングは2013年1〜10月の期間を対象に、引用された論文の数を22研究分野ごとに調べたもの。
 この結果、総合で国内研究機関トップは東京大学で、高被引用論文数1219、高被引用論文数割合1.53%だった。2位は(独)科学技術振興機構(771、2.41%)、3位は京都大学(710、1.21%)だった。トップ10には大学のほか、理化学研究所、産業技術総合研究所など政府系の独立行政法人が3機関入った。
 国別の総合ランキングでは、米国、ドイツ、英国、中国に次いで日本は5位。分野別では、化学、材料化学、免疫学で4位、生物学・生化学で5位などで上位だったが、社会科学21位、経営経済学22位などは順位が低かった。そのほか、農学は14位、環境生態学は17位など。


(関連記事)

製薬会社増える 世界の革新的企業トップ100(2013.10.08)

植物工場・肥料の特許、中国・韓国で急増(2013.09.09)

信越化学工業、デュポン、ダウ、モンサントなどが受賞 世界の革新的企業トップ100(2012.12.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ