農政 ニュース詳細

2014.05.21 
14〜15年度の実質GDP1.0〜1.4%増一覧へ

農中総研が経済見通し

 農林中金総研は5月19日、2014〜15年の経済見通し(改訂)を発表した。それによると実質GDP伸び率は14年度1.0%、15年度1.4%の予想で、政府のめざす実質2%の成長路線への早期復帰は困難と分析する。

◆「2%の経済成長は困難」

 2014年4月に消費税率が8%に引き上げられ、13年度末にかけての駆け込み需要があり、成長率は大きく加速した。このため、13年度末にかけての消費者物価は前年比1%まで上昇すると見込まれる。しかし、増税による実質所得の目減りが消費行動を徐々に変化させていくと思われる。
この結果、14年度の実質成長率は1.0%(前回3月時点の予測は0.9%)と予測する。
 一方、15年度は、成長戦略などによる環境整備が徐々に進み、企業設備投資なども増加傾向をたどる。また15年10月に消費税率が10%に引き上げられることから駆け込み需要が見込まれるが、年度下期にはその反動が予想され、実質成長率は1.4%(前回も同じ)と予測する。

(関連記事)

8月までに6県域が導入 JAバンクCS改善(2014.05.19)

【新春特別講演会】日・中の対立回避し交流を 丹羽宇一郎氏(前中国大使)が講演(2014.02.07)

14年度は成長停滞気味 農中総研が見通し(2013.11.20)

【クローズアップ農政】成長産業か、重要産業か 所得倍増元年めざす26年度予算(2013.08.30)

2014年度は経済足踏みへ 農林中金総研(2013.08.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ