左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

交渉状況開示を TPPで萬歳会長2015年2月9日

一覧へ

 JA全中の萬歳会長は2月5日の会見でTPP(環太平洋連携協定)交渉についてさまざまな報道がなされていることについて「生産現場では大変、動揺が広がっている」として情報開示と国会決議の遵守を改めて強調した。

 会長はとくに米国産の米を主食用して特別枠で輸入するといった報道があったことに触れ「26年産米の価格が大きく下落し27年産に向けて飼料用米の拡大など関係者が一体となって全力で対応を進めているなか、現場は大きく動揺している。わが国の畜産・酪農強化の取り組みや飼料用米の推進にも支障を来すことになるのではないか」と懸念を表明した。
 そのうえで衆参両院の国会決議のなかには国民への十分な情報提供や幅広い国民的議論も行うことを求めていることから「きちんとした情報開示と交渉の節目、節目で国民各層の意見を聞く場を設定してほしい」と述べ、「なんとしても国会決議の遵守を」と訴えた。
 また、来月11日で東日本大震災から4年を迎えるが「被災地ではいまだ営農や生活の再建が立たない方、原発事故によって風評被害に苦しんでいる方が多い。JAグループは来月にかけて東日本大震災の教訓が風化しないように広報活動にも取り組む。一刻も早い復旧・復興に向けて助け合いの理念のもと被災地の目線に立った支援に取り組んでいきたい」と語った。

(関連記事)

【農協改革】再検討を政府・与党に要請 全中(2015.02.06)

悪意に満ちた農協監査論議(2015.02.04)

農協協会新年の集い 逆風を追い風に変えて(2015.01.30)

農業者の労災加入を JAの支援体制呼びかけ(2015.01.28)

問答無用の農協監査論議(2015.01.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る