農政 ニュース詳細

2015.05.20 
ネパール地震被害で募金活動 JAグループ一覧へ

 JAグループはネパール地震被害支援の募金活動を行っている。

 ネパール赤十字社の発表では、5月11日時点で死者8046名、行方不明569名、負傷者数1万6972名で109万世帯が被害を受け61万世帯が避難、49万戸の家屋が全壊、29万戸が半壊している。
 ICAは救援活動支援を呼びかけ世界の協同組合会員よる募金窓口を設置した。これをふまえJAグループも「ネパール地震被害支援募金活動」を実施することにした。 実施期間は5月18日から7月31日まで。JAグループ役職員らを対象。組合員については各県が自主的に判断する。1人1口100円以上が目標。各組織で募金活動部署を設置する。JAグループ全体の事務局はJA全中総務企画部。
 募金はICA、ネパールの協同組合全国組織に贈呈される。

(関連記事)

復興支援募金8000万円超 JAグループ JA全中 (2015.04.10)

風化させない、継続して取り組む JAグループの復興支援 (2015.03.12)

津波被災農地の7割 営農再開が可能に(2015.03.10)

風評被害なお課題 情報発信の努力を(2015.03.10)

復興支援プログラムを27年度も継続 農林中央金庫(2015.03.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ