左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【2016 年頭所感】奥野 長衛  氏(全国農業協同組合中央会 会長)2016年1月1日

一覧へ

 平成28年の年始にあたり、JAグループから農業協同組合新聞・JAcomに寄せられた年頭のごあいさつを紹介します。

奥野 長衛  氏(全国農業協同組合中央会 会長) 新年にあたり、謹んでごあいさつを申し上げます。
 昨年は、茨城県をはじめとして各地で大雨等の甚大な自然災害が発生いたしました。改めて、被災された皆様にお見舞い申し上げます。
 さて、「新農協法」、「TPP大筋合意」など、日本の農業、そしてJAグループにとって、昨年は大きな対応を迫られた年となりました。
 JAグループといたしましては、10月に「第27回JA全国大会」を開催し、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を3つの基本目標として「創造的自己改革への挑戦」に取り組んでいくことをグループの総意として確認したところです。
 重大な転換期を迎えている今だからこそ、私たちは、改めて協同組合理念を大切にしながら、組合員とともにJA事業の価値を高め、共感を広げ、「JAは日本農業や地域の将来のためによくやっている」という国民的な理解が得られるよう、それぞれの地域で地道な努力を重ねることが何よりも重要であります。そのためには、組合員やJA役職員、そして消費者の皆さまの声を常に頂きながら、新しい時代の日本農業の発展に取り組んでまいりたいと考えています。
 JA全中としては、第27回JA全国大会決議の最重点事項を中心に、JAの自己改革や都道府県中央会の取り組みを支援するとともに、これまで以上に、組合員・会員の声を反映した組織運営を志向してまいります。
 本年も引き続き、JAグループならびに本会の取り組みや事業運営につきましてご理解とご協力を賜りますことをお願いし、2016年の年頭にあたってのごあいさつとさせていただきます。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る