左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

EU 福島県産のコメなど検査証明不要に2017年11月17日

一覧へ

 欧州委員会は11月10日、放射性物質に関わる日本産食品の輸入規制の改正を決め11日に公布した。福島県産のコメなど検査証明対象から除外された。

 欧州委員会の今回の改正は、2015、16年の2年間(福島県は2014年から3年間)の食品中の放射性物質検査による基準値超過状況を参照し規制対象の見直した。
 福島県産のコメについて放射性物質検査証明書の添付が不要となる。水産物も福島のほか、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉産のブリ、カンパチ、マダイ、シマアジなどで証明書添付が不要となる。
 そのほか秋田県のすべての品目について証明書添付が不要となり、7県産の山菜類について添付対象品目が変更となる。具体的には山形のタラノキ、タケノコ、ゼンマイが除外され、岩手、茨城、栃木、群馬、千葉のタラノキ、ワラビ、ゼンマイ、クサソテツも除外される。長野のタケノコの除外とクサソテツの追加も行われる。
 改正規則は12月1日から施行。

(関連記事)
秋の味覚で東北復興を応援 全中・経団連等がマルシェ(17.11.02)
29年産米相対価格 1万5526円-前年比108%(17.10.16)
酒造好適米の30年産需要量 9.5万~9.7万t(17.10.16)
28年産福島米 米価上昇幅トップ3(17.08.07)
ブロックでの結集を(17.05.19)
【福島原発事故から6年】風評超え産地形成を(17.03.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る