Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

かんしょ収穫量6%減少2018年2月8日

一覧へ

・作付面積も減へ

 農水省は2月6日、平成29年産かんしょの作付面積と収穫量を公表した。

 それによると、作付面積は3万5600haで、前年産に比べて400ha(1%)減少した。全国の10aあたりの収量は2270kgで、前年産に比べ5%下回った。これは主産地である九州地域で、9月以降の日照不足や多雨などの影響により、いもの肥大が抑制されたため。
なお、10aあたりの平均収量対比は99%となった。
 また。全国の収穫量は80万7100tで、前年産に比べ5万3600t(6%)減少した。

 

(関連記事)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
【前半】焼き芋を武器に所得向上 JAなめがた(茨城県)(17.11.08)
第33回 「焼き芋戦略」を中心にした農業6次産業化ビジネスの展開(17.10.29)
JAなめがた甘藷部会など7氏・団体に天皇杯ー29年度農林水産祭(17.10.19)
【第39回農協人文化賞記念シンポジウムより】受賞者の経験活かそう(17.07.21)
仕入れ機能の強化を 農機リースで担い手支援【JA水戸常務・岡崎一美氏】(17.04.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る