左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

和食の魅力伝える親善大使任命2018年2月22日

一覧へ

・国産農林水産物の輸出を後押し

 農林水産省は2月21日、日本食や日本の食文化の海外への普及をより一層進めるために、国内および海外の日本食関係者など19名を新たに「日本食普及の親善大使」に任命しと発表した。

 日本食普及の親善大使(以下、親善大使)とは、海外での日本食やその食文化の普及を進めることを目的に平成27年に最初の任命を行ったが、さらなる魅力発信を図り、国産農林水産物の輸出拡大につなげるために、新たに国内の日本料理関係者14名と、外務省の協力を得て海外で活躍中の5名を人選、計19名を親善大使に任命した。
 親善大使は、(1)同省による日本食や食文化の普及事業への協力、(2)自らの活動や出演するメディアでの情報発信、(3)プロの視点に立った日本料理関係者への助言などを通じた国内外への普及活動が中心となる。
 親善大使の一覧(PDF)

○問い合わせ先:同省食料産業局食文化・市場開拓課
○TEL:03-6744-0481

 

(関連記事)
和食ごはん店をオープン "コメ"ニーズを探るコメ卸(18.01.30)
旬の食材で和食の基本を学ぶ(17.12.01)
正月料理をテーマに 和食会議がセッション(17.11.24)
冬仕様の「サッポロ一番×全農 カップスター」 JA全農がコラボ第8弾で2品発売(17.11.15)
農はアート?食文化を国内外に発信-東京ハーヴェスト2017(17.11.07)
ロンドンで日本食の魅力発信 地域の中小食品企業を支援-クールジャパン機構(17.10.05)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る