左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ベトナム向けに玄米輸出が可能に2018年5月29日

一覧へ

 農林水産省は5月29日、日本からベトナムへ食用の玄米輸出が可能になったと発表した。

 ベトナム向けの日本産米の輸出はこれまで精米について認められていたが、ベトナムとの植物検疫協議の結果、植物検疫証明書を添付することを条件に輸出が可能となる。玄米は食用に限られる。
 玄米の輸出には植物防疫所で植物防疫官による輸出検査を受ける必要がある。

 

(関連記事)
検疫条件が農畜産物輸出の"大きな壁"に(18.05.11)
全中の役割学ぶ ベトナム農民連盟が訪問(18.04.25)
【金子勝・立教大学大学院特任教授】安倍首相は何のために訪米したのか(18.04.23)
輸出用米、価格の壁をどう乗り越えるのか?(18.04.17)
農業を夢のある世界に 米の需要を拡大する【藤尾 益雄(株)神明代表取締役社長】(17.11.20)
TPPで1俵2200円の米がやってくる(13.09.30)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る