左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

総務省 8月の家計調査報告 教育費等増で消費支出増える2018年10月10日

一覧へ

 総務省は10月5日、計7691世帯を対象に行った8月の家計調査の結果を報告した。

 夏のボーナス支給後でもあり、1世帯2人以上の世帯当たりの消費支出は29万2481円で前年同月比2.8%増となっているものの、内訳は子供の塾代など教育費が同25%増の8154円、帰省や家族旅行など交通・通信費が同15%増の4万6687円となっており、肝心の食費は同1.5%減の8万4541円で、食生活は若干切り詰められている。
 勤労世帯の実収入も、配偶者の収入が18.6%増にもかかわらず、同0.6%減の51万437円で若干緊迫していることがわかる。

 

(関連記事)
【熊野孝文・米マーケット情報】パン需要拡大推進協議会を設立するパン業界の狙いとは?(18.10.02)
家計消費3か月連続で減少(18.06.06)
コメを食べてホームラン(17.11.20)
熊本市でミネラルウォーター購入が11倍に ―家計調査から見た熊本地震の影響(16.06.24)
[トマト]目的買いと集客力備えた商品に成長(16.06.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る