左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

丸の内で食のイベント開催 農水省2018年10月21日

一覧へ

 農水省は11月3日と4日に東京・丸の内で「JAPAN HARVEST 2018 丸の内農園」を開催する。

 2012年から始まり今年で7年目を迎えたこのイベントは、食関連団体・メーカー・地方自治体などによるこだわりの産品の販売や試食、牛の搾乳や農産物の収穫などが体験でき、毎年約15万人もの来場者がある。アンケートでは「試食コーナーでは、食べたことがない物を食べられて楽しい!」「この活き活きした雰囲気を続けてください。楽しみにしています!」との声が寄せられている。
 また、将来の農林漁業の担い手となる高校生が「ご当地!絶品うまいもん甲子園」で勝ち抜いたオリジナルメニューの販売や、農業や食に関する日頃の取り組みなどを大学生が紹介する。さらに今年は、丸の内仲通り沿いの飲食店との連携を強化し、イベント参加者への様々な特典も用意されている。
 このイベントは「食と農林漁業の祭典」の一環として「消費者と生産者の絆を深める」「日本と世界の絆を深める」を目的としている。和食文化がユネスコ無形文化財に登録されてから5周年を迎えた今年は、日本の四季や地形、気候から生み出される日本食や食文化に触れ、その魅力や奥深さを体感できる空間を企画。また、さまざまなアプローチで明日を目指す日本の農業関係者・生産者の取り組みや、農産物の作り手の思いを感じられる場所を企画している。

日時:11月3日(土)、4日(日)11:00~16:00
場所:東京丸の内仲通り
入場料:無料

 

(関連記事)
丸の内農園に農業女子とのコラボ農機出展 ヰセキ・丸山(17.11.07)
秋の味覚で東北復興を応援 全中・経団連等がマルシェ(17.11.02)
ビジネス街で東北PR「全農東北」が東京でショップ(17.08.09)
食・農の新価値創造目指し「大手町マルシェ×JAまるしぇ」開催 JA全中・農林中金・三菱地所・エコッツェリア(17.06.23)
都心で農業体験 ジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」(16.11.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る