農政 ニュース詳細

2018.11.05 
花粉発生源対策でシンポ 林野庁一覧へ

 林野庁は12月15日、東京・木材会館で「花粉発生源対策普及シンポジウム2018」を開催する。

 林野庁は花粉発生源対策として、「伐って、使って、植える」といった森林資源の循環利用を確立し、花粉の少ない苗木への植替え促進や花粉の飛散を抑制する技術の開発に取り組んでいる。花粉症は、国民の3割が罹患していると言われており、これらの取り組みを広く一般に普及するためシンポを開催する。

日時:12月15日(土)13:30~16:30
場所:木材会館(東京都江東区新木場)
参加人数:100名
参加費:無料
講演内容:
▽林野庁による花粉発生源対策(林野庁)
▽花粉の少ないスギ品種などの開発((国研)森林研究・整備機構森林総合研究所)
▽花粉飛散防止剤の開発((国研)森林研究・整備機構森林総合研究所)
▽花粉量予測のための雄花量調査(特定非営利法人花粉情報協会)
▽気象と花粉((一財)気象業務支援センター)
▽花粉症治療の現状(名古屋市立大学大学院)
▽東京都における花粉発生源対策と木材利用の促進(東京都)

 参加の申し込みはインターネット・FAX・郵送で12月11日(火)まで。
・インターネットによる申し込み:花粉発生源対策普及シンポジウム((一社)全国林業改良普及協会のホームページ)

・FAX・郵便による申し込み
▽氏名・フリガナ▽性別▽年齢▽職業▽電話番号を明記
宛先:全国林業改良普及協会シンポジウム事務局宛て
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル
FAX:03-3583-8465

 

(関連記事)
花粉症に効くお茶「べにふうき」をふるまう(18.02.21)
「金のいぶき」と「花粉米」、2つの機能性米(17.12.11)
「えのき氷」の免疫効果を研究発表 東京農大・JA中野市(15.08.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ