農政 ニュース詳細

2018.11.15 
明治150年記念農林水産祭関連シンポ 農水省一覧へ

 農水省は(公財)日本農林漁業振興会との共催で12月17日、「優秀農林水産業者に係るシンポジウム(明治150年記念)」を群馬・前橋で開催する。

 このシンポは、本年が明治150年に当たるため記念の取り組みの1つとして実施するもの。平成30年度(第57回)農林水産祭行事の一環として毎年行われており、農林水産祭は、農林水産業者の技術改善や経営発展の意欲高揚を図るため、天皇杯の授与など、優秀農林水産事業者の表彰やその業績普及を目的として開催されている。

日時:12月17日(月) 13:30~16:00
会場:ホテルラシーネ新前橋(群馬県前橋市古市町)
参加人数:200名(先着順)

◆プログラム
【選賞審査報告】前農林水産祭中央審査委員会農産・蚕糸分科会専門委員:町井博明(前国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構顧問)
【業績発表】平成26年度蚕糸・地域特産部門天皇杯受賞 碓氷製糸農業協同組合:髙木賢(現碓氷製糸株式会社社長)
【ディスカッション】
・コーディネーター:藤井浩(上毛新聞社顧問・論説委員)
・選賞審査報告者:町井博明
・業績発表者:髙木賢氏
・コメンテーター:土屋真志(群馬県農政部蚕糸園芸課長)、西尾仁志((有)西尾呉服店社長)、松村哲也(JA前橋市養蚕連絡協議会会長)

◆申込方法
 申込用紙に必要事項を記入し、公益財団法人日本農林漁業振興会事業部に、ウェブ・メール・FAXで申し込み。
申込締切:12月13日(木) 12:00必着
ウェブ:http://www.affskk.jp/
メール:jigyou@affskk.jp
FAX:03-6441-0792

 

(関連記事)
酪農乳業の展開と発展についてのシンポ開催(18.10.15)
IT×畜産技術でトークセッション(18.06.01)
問われる将来の食料生産力 農業犠牲の交渉でいいのか【田代洋一・横浜国大名誉教授】(18.05.23)
若手農家 規模拡大-「農業白書」を閣議で了承(18.05.22)
米騒動、今年あったら百年目(18.01.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ