農政 ニュース詳細

2018.12.07 
もと畜費増などで肉用牛の生産費増加 農水省統計一覧へ

 農水省は平成29年度肉用牛生産費を12月4日公表した。

 29年度の肉用牛1頭当たりの資本利子・地代全額算入生産費(全算入生産費)は、もと畜費の増加などにより増加した。
 ▽子牛=繁殖めす牛を飼養し、肉専用種の子牛を販売する経営での子牛1頭当たり全算入生産費は62万8773円で前年より4.0%増えた。飼料価格の上昇により、飼料費が増加したことなどが要因。繁殖めす牛1頭当たりの評価額は前年比6.0%増の51万4342円。子牛一頭当たりの販売価格は75万4495円で前年度より3.8%減少した。
 ▽去勢若齢肥育牛=肉専用種の去勢若齢肥育和牛を肥育し販売する経営の1頭当たり全算入生産費は前年比9.3%増の125万3930円。もと牛の価格上昇によりもと畜費が増加したことなどが要因。生体100kgあたりの全算入生産費は16万302円で、前年比8.8%増。
 ▽乳用おす育成牛=乳用種のおす子牛を育成・販売する経営の1頭当たり全算入生産費は前年比0.1%増の21万4738円。もと牛の価格上昇によりもと畜費の増加などが要因。
 ▽乳用おす肥育牛=乳用種のおす牛を肥育・販売する経営の1頭当たり全算入生産費は前年比5.2%増の53万1513円。もと牛の価格上昇により、もと畜費が増加したことによる。生体100kgあたり全算入生産費は6万8500円で、前年比4.4%増となった。
 ▽交雑種育成牛= 交雑種の子牛を育成し販売する経営の1頭当たりの全算入生産費は前年比10.8%増の37万1457円。もと牛の価格上昇により、もと畜費が増加したことなどが要因。
 ▽交雑種肥育牛=交雑種の牛を肥育し販売する経営の1頭当たりの全算入生産費は前年比6.4%増の81万8456円。もと牛価格の上昇により、もと畜費が増加したことなどによる。生体100kgあたり全算入生産費は9万9014円で、前年より4.7%増加した。

 

(関連記事)
【JA新代表に聞く】第4回 蛯原一治・JA忠類代表理事組合長(18.06.28)
畜産の環境負荷 実際は4割減(18.04.19)
生産基点の事業次々 新しい視点でJAに新基軸【JA東西しらかわ前組合長 鈴木 昭雄 氏】(17.09.29)
子牛高値に素牛自賄い 酪農と連携で拠点施設―熊本・JA菊池が挑戦(17.09.08)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ