左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

英国で炭素繊維再資源化事業参画へ 三菱商事2018年12月18日

一覧へ

 三菱商事(株)はドイツELG Haniel GmbH社から、炭素繊維の再資源化事業会社ELG Carbon Fibre Ltd.社の株式の25%を取得。同事業参画に合意したことを12月14日発表した。今後、必要な手続きを進める。

 三菱商事(株)は、炭素繊維強化プラスチックの端材等を再資源化する独自の技術とノウハウを持つ英国の製造販売会社ECFの株式25%を所得。
 これまで最終処分が困難だった炭素繊維強化プラスチックの端材等を再資源化することで、環境破壊をせず継続可能な素材の提供に貢献。同時に生産コスト低減を実現し、競争力ある素材を安定的に市場に提供することで、日本の自動車業界が直面する課題の解決を目指す。
 炭素繊維は日系メーカーが約7割の製品供給を担う先端素材で、重量は鉄の4分の1、強度は10倍以上という。高強度かつ軽量な素材を必要とする航空機、風力発電等の産業で活用されている。
 また、内燃機関車の排ガス削減や電気自動車の航続距離延長など、車体のマルチマテリアル化による軽量化が重要な課題となっていて、今後、炭素繊維のニーズが更に高まると見られている。世界の炭素繊維の市場規模は、現在の年間約6万tから今後年率10%程度の成長が見込まれている。

 

(関連記事)
中国最大級の植物工場が稼働 三菱ケミカル(18.12.11)
肥料農薬・安く良質な資材を調達・供給【引屋敷 透・JA全農肥料農薬部長】(18.06.26)
モーダルシフトへの転換を 青果物流通高度化で成果発表会(18.03.02)
サラダクラブが国産青パパイヤ使い夏季限定販売(18.04.12)
全農と三菱商事が農薬で合弁会社設立(17.09.15)
【JA全農がめざすもの】第3回 燃料部・太陽光発電支援事業(14.10.02)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る