左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

森林の仕事ガイダンス、東京と大阪で開催 全森連2018年12月20日

一覧へ

 全国森林組合連合会は、森林・林業に関心を持つ人を対象とする説明・相談会「森林(もり)の仕事ガイダンス2018」を大阪と東京で開催する。

 このガイダンスは、森林・林業に関心を持つ人を対象とするもので、新たに林業に就業するための流れや林業の仕事内容などを紹介する。大阪は1月19日、東京は1月26日に開く。
 両会場では、過去最多となる都道府県林業労働力確保支援センターや森林組合連合会がブースを設け、林業に関する情報や仕事内容、就業までの流れについての説明や相談に応じる。なお、就職のあっせんはない。
 また、日本の林業の現状や「緑の雇用」事業などについて説明する「オリエンテーションコーナー」、森林の担い手を目指し技術習得に励む「フォレストワーカー研修生との交流ブース」、林業の仕事や内容や生活・暮らしについて語る「フォレストワーカー・リーダートークショー」のほか、ハローワークの協力で幅広い情報を発信する。
 この催しは、新たな林業の担い手となる林業作業士(フォレストワーカー)の確保・育成・キャリアアップ対策を目的に、「緑の雇用」現場技能者育成対策事業(林野庁補助事業)の実施主体として森林の担い手の減少、高齢化の歯止め対策に取り組む全森連が実施している。
 参加条件は森林・林業に関心を持つ人なら誰でも参加可能。 年齢・性別不問。
 参加費は無料、事前の参加申し込みも不要で、希望者は当日会場へ。

【ガイダンスの概要】
■大阪会場
○開催日時:1月19日(土)11:00~17:00(最終入場16:30)
○会場:梅田クリスタルホール(大阪市北区中崎西2-4-12)
○参加道府県:北海道、岩手、宮城、秋田、山形、福島、富山、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、山口、徳島、香川、愛媛、高知、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島の計32ブースを予定

■東京会場
○開催日時:1月26日(土)11:00~17:00(最終入場16:30)
○会場:東京国際フォーラム(千代田区丸の内3-5-1)
○参加都道府県:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、京都、奈良、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の計38ブースを予定

 

(関連記事)
花粉発生源対策でシンポ 林野庁(18.11.05)
10月は木づかい月間!ミノーレで特別講座 JA全中(18.09.30)
【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】類似の手法に注意 ~畜安法・森林管理法・種子法・漁業法をめぐる類似性~(18.09.06)
【インタビュー・奥和登・農林中央金庫新理事長】地域の主人公は農協(18.07.03)
林業・水産業の経営アドバイザー24名誕生 日本公庫(18.02.06)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る