左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農産物輸出、前年同月を上回る 10月 JETRO2018年12月25日

一覧へ

 ジェトロ(日本貿易振興機構)は、2018年10月の農林水産物・食品輸出動向を12月13日に公表した。

 政府は、農林水産物・食品の輸出額を2019年に1兆円突破させる目標を掲げているが、2012年以降増加傾向にあり、2017年までに8071億円に達している。
 ジェトロは、10月の貿易統計で前年の同月より15.1%多い798億4158万円となったと発表。うち農産物が同18%増の538億円、林産物が同16.8%増の34億円、水産物は同8.6%増の227億円だった。
 輸出額が多かった相手国は、1位が172億4000万円の香港で、前年同月比23.5%増。2位が129億2000万円の中国で同41.2%増、3位は110億の米国で同4.2%増だった。
 1月から10月までの期間で比較しても、前年より15.2%増の7341億円で、農産物は同15.9%増の4570億円、林産物は同6.8%増の309億円、水産物は同15.0%増の2462億円と2018年も順調に輸出額を伸ばしていることが分かった。

 

(関連記事)
【現場から振り返る2018年】JAいわて花巻・阿部勝昭組合長に聞く 総自由化急ピッチ 災害も続発(1)(18.12.25)
農産物 包括的市場アクセス確保-米国が交渉目的公表(18.12.25)
【国際ジャーナリスト・堤未果 氏に聞く】100年先の幸せを考える(1)(18.12.21)
1兆円目標達成を―輸出促進協が総会 安倍総理も出席(18.12.20)
【国民民主党・玉木雄一郎代表に聞く】SDGsと整合性ある自由貿易体制づくりを(18.12.05)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る