左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豚コレラ 1府4県に拡大2019年2月7日

一覧へ

 農林水産省は2月6日、愛知県豊田市の養豚農場で豚コレラの患畜を確認したと発表した。同農場から子豚が近県の農場に出荷され、それらの農場のうちでも陽性が確認されたことから愛知県、岐阜県、長野県、滋賀県、大阪府の1府4県に一気に拡大した。

 豚コレラは豚、イノシシの家畜伝染病。人には感染しない。国内では平成4年の熊本県での発生が最終発生で平成19年に清浄国に認定された。
 しかし、昨年9月に岐阜県で26年ぶりの発生が確認され、同県では今年1月に7例目が確認された。この間、野生イノシシからも多数の感染例が確認されている。
 また、野生イノシシの感染例は愛知県犬山市でも確認されている。
 6日に確認された豊田市の農場は繁殖豚1140頭、肥育豚5500頭を飼養していた。発生農場の周辺は移動制限区域(3km以内)と搬出制限区域(10km)を設定され消毒ポイントの設置と発生農場の豚すべてを殺処分する。愛知県は陸上自衛隊に災害派遣要請を実施した。
 検査の結果、ウイルスは愛知県のイノシシ、岐阜県の豚やイノシシの患畜と同一だと分かった。このタイプは日本で過去に発生した事例のウイルスではなく、近年、中国やモンゴルなどで発生している。
 感染経路は不明で愛知県犬山市のイノシシの感染確認地域と豊田市の農場は30kmの距離がある。農林水産省は国の疫学チームを現地に派遣した。
 同農場からは子豚を1月中旬から2月5日にかけて出荷しており、このうち長野県飯田市、岐阜県恵那市、愛知県田原市(系列農場)、滋賀県近江八幡市、大阪府東大阪市の農場で子豚の陽性が確認された。
 これらの農場の飼養頭数は合計で8600頭。豊田市の6640頭とあわせて、今回の発生で1万6000頭が殺処分される。
 農水省は愛知、岐阜の全農場に対して消毒や野生動物侵入防止措置の徹底などを改めて指導した。政府は6日夕、関係閣僚会議を開いた。菅官房長官は「関係府省が一致団結して対策に全力を」と指示した。各地の農場、自治体、関係者による徹底した防疫対策が求められる。

 

(関連記事)
豚コレラ 7例目を確認-岐阜県(19.01.29)
岐阜の豚コレラ 強毒株より低い病原性-農研機構(18.11.29)
野生イノシシの豚コレラ 6例目を確認-農水省(18.09.25)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る