左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ツマジロクサヨトウ 神奈川県で確認 16県81市町村に拡大2019年9月6日

一覧へ

 イネやトウモロコシに寄生する病害虫のガ、ツマジロクサヨトウが9月3日、神奈川県で確認された。国内では初めて鹿児島県で7月に確認されてから、九州全県と沖縄、高知、茨城、岡山、千葉、山口県、愛媛県、福島県で発生を確認。農林水産省の発表によると、9月5日時点で16県81市町村に拡大した。農林水産省と各県などは、早期発見と農薬散布による防除などを呼び掛けている。

 神奈川県では9月3日、伊勢原市の飼料用トウモロコシのほ場で、ツマジロクサヨトウの幼虫が見つかった。神奈川県では収穫期に入っているが、今回発生が確認されたのは、2期作目の株。年末ごろに収穫予定の1mほどの若い株の芽が食害されていた。
 神奈川県農業技術センターでは、7月3日の鹿児島県での発生を受け、飼料用トウモロコシを中心に念入りに調査していた。担当者によると、すでに収穫時期であることから、「もういないのではないか」と思っていた矢先にたまたま見つかったという。引き続き定期的にほ場をよく見回り、発生ほ場では農協と連絡を取りながら防除対策について検討するという。
 農林水産省が、9月に入ってからツマジロクサヨトウの防除に対する支援策の対象として発表した地域は、9月5日時点で、沖縄県石垣市、福岡県筑紫野市、大刀洗町、千葉県旭市、いすみ市、館山市、御宿町、袖ケ浦市、愛媛県大洲市、松山市、西条市など13市町村が加わり、81市町村となった。

【関連記事】
ツマジロクサヨトウ 東北で初めて福島で確認(19.09.05)
ツマジロクサヨトウ新たに愛媛、山口でも 各県の発生状況(19.09.03)
米国産トウモロコシ 275万tの保管料を支援-吉川農相(19.09.03)
【 クローズアップ 日米FTA】決定版!やはり「失うだけの日米FTA」【 東京大学教授・鈴木宣弘】(19.09.02)
病害虫のツマジロクサヨトウ 茨城、高知でも発見(19.08.21)
病害虫のガ「ツマジロクサヨトウ」蔓延防止で全国対策 農林水産省(19.07.19)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る