農政 ニュース詳細

2019.10.08 
【豚コレラ】群馬 野生イノシシ陽性3例目を確認一覧へ

 群馬県は10月7日、野生イノシシの豚コレラ陽性を1頭確認したと公表した。同県内では3頭目となる。

 5日に藤岡市で捕獲されたオスで7日に抗体検査で陽性が確認された。8日午後に県の家畜衛生研究所で行われている遺伝子検査の結果が判明する予定。
 群馬県では野生イノシシの陽性確認が3頭目となった。予防的ワクチン接種を可能とするよう改正される豚コレラ防疫指針では、野生イノシシへの感染が確定した場合は、ワクチン接種推奨地域の候補地域となるため、群馬県は国との協議を急いでいる。
 ただ、山本一太知事は4日の記者会見で「群馬県の要請としては、本来であればやはり(全国)一律で接種してもらいたいということは変わっていない」と述べ、広域で接種すべきとの考えを強調したうえで、「それが難しければ関東では一律にやってほしいという要望はお願いしたい」と述べた。


(関連記事)
【豚コレラ】予防ワクチン 全国規模で-埼玉県知事が要望(2019.10.8)
豚コレラ ワクチン接種で意見募集 7日まで-農水省(2019.10.2)
【クローズアップ・豚コレラ問題】養豚の危機 食料安保を直撃 谷口信和・東大名誉教授(2019.09.26)
【豚コレラ】防疫指針の改正へ 連日議論-農水省(2019.09.24)
イノシシからの感染 8割以上-豚コレラ(2019.08.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ