Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

輸出拡大へ体制を強化-農林水産省2020年1月6日

一覧へ

 農林水産省は令和2年度から農林水産物・食品輸出本部を設置し輸出拡大に向けた体制の強化を図る。

 新年度に農林水産大臣を本部長とする司令塔組織として農林水産物・食品輸出本部を設置するほか、食料産業局に輸出先国規制対策課(仮称)を設置するなど、輸出拡大に向けた体制を強化する(23人増)。

 また、和牛遺伝資源の流通管理の適正化や保護を図るため、生産局畜産部畜産振興課に家畜遺伝資源管理保護室(仮称)を設置するとともに、優良な植物品種の海外流出の防止のために体制を強化する(12人増)。

 そのほか、CSF、ASFなどの家畜伝染病や病害虫に対する国内防疫や水際検疫の適切な実施に向けた体制の強化(45人増)、農地・農業用施設への自然災害に対する防災、減災や国土強靭化のための体制も強化する(25人増)。政府が輸入・販売等を行う米麦のリスク管理を強化するため、政策統括官付貿易業務課に米麦品質保証室(仮称)を設置する。

 農林水産省の令和元年度末の定員は2万763人。新年度に181人増員するが、減員も473人あるため令和2年度末の定員は2万471人となる見込み。
 

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る