おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

食品事業者の6割 国産有機食品の取り扱い「増やしたい」 農水省2022年6月20日

一覧へ

農林水産省は国産有機食品に対する流通加工業者への意識調査結果を6月17日に公表した。

食品事業者の6割 国産有機食品の取り扱い「増やしたい」 農水省

1201事業者から回答を得た。

有機食品を「扱っている」との回答は20.6%にとどまった。「取り扱っていない」が70.0%だった。

取り扱っている事業者に対して今後「増やしたい」との回答は60.6%だった。「現状維持」が38.5%だった。

増やしたい理由は「品質がいい」58.4%、「国内農業支持をアピールできる」47.4%、「環境への配慮をアピールできる」46.7%だった。

一方、取り扱っていない事業者の理由は「販売価格が割高」49.5%、「既存の取引先には有機食品の取り扱いがなく入手できない」35.0%だった。

今は扱っていないが今後取り扱いたいとする理由は「環境への配慮をアピールできる」が52.4%、「国内農業支持をアピールできる」44.9%、「品質がいい」42.1%の順だった。

事業者にとっては国産有機食品の取り扱いを、品質だけでなく、環境への配慮と国内農業支持を消費者に発信できると位置づけているといえる。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る