左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

スマート農業でグリーン栽培へ転換 岐阜県 みどり戦略基本計画2023年4月6日

一覧へ

岐阜県は3月14日、みどり戦略基本計画を公表した。スマート農業技術を活用したグリーンな栽培体系への転換や「ぎふ清流GAP」の実践を推進する。

有機農業の営農モデル現地検討有機農業の営農モデル現地検討

計画は岐阜県と県内全42市町村で作成した。期間は2023年度から27年度までの5年間。計画のおもな目標は以下のとおり。

▽有機農業の取組面積(2020年97ha):127ha(2027年)

▽グリーンな栽培体系への転換実施地区:10地区(2027年)

▽各部会の防除暦(化学農薬)のリスク評価:8品目(2027年)

▽主要品目の環境に配慮した栽培暦への変更:8品目(2027年)

▽ぎふ清流GAP実施率:35%(2025年)

ぎふ清流GAPは2020年に岐阜県が創設、食品安全、環境保全、労働安全などの観点から100以上の項目を評価して認証する。

取り組みのポイントは、スマート農業技術など省力化技術と環境に配慮した栽培技術を組み合わせたグリーンな栽培体系への転換の促進や、特産品や伝統野菜など地域の気候にあった作物を選び有機農業の取り組み面積を拡大することなどだ。

また、有機農業者のネットワーク化や地域内流通を促進し、幅広い販路に合わせた流通システムのを構築する。有機農業推進のため県推進体制と市町村、JA、農業者などで地域推進体制(プロジェクトチーム)を整備する。

販売面では、名古屋市内にあるアンテナショップやSNSなどでの情報発信も強化し、環境に配慮した農産物の消費を促進する。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る