人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

「農泊インバウンド受入促進重点地域」40地域を選定 農水省2024年6月17日

一覧へ

農林水産省は、農泊地域への訪日外国人旅行者(インバウンド)の受入促進に向けて、農泊に取り組んできた地域の中から、「農泊インバウンド受入促進重点地域」の2次公募で12地域を新たに選定した。1次公募分の28地域と合わせ、選定した40地域への支援を通じ、農泊地域へのインバウンド誘客体制を重点的に強化する。

「農泊インバウンド受入促進重点地域」40地域を選定 農水省

インバウンド需要の回復を受け、ゴールデンルートから農山漁村へ一歩踏み出す地方誘客と地方消費をより一層促すことが重要となっている。

農水省は、農山漁村滞在型旅行「農泊」に取り組む地域において、令和7年度までに年間延べ宿泊者数に占めるインバウンドの割合を、令和4年度実績の約2.5%から10%に向上させることを目標として、地域の取組を支援している。

農山漁村地域へのインバウンドの受入促進に向けては、的確なターゲット設定のもと、ソフト・ハード両面での利便性向上に向けた受入環境整備と、農泊の魅力を発信する海外向けのプロモーションを行うことが必要であることから、農水省は、「農泊インバウンド受入促進重点地域」の公募を2月に実施。全国の農泊地域のうちインバウンドの更なる受入を目指す28地域を選定した。さらにこのほど実施した2次公募では39地域からの応募があり、新たに重点地域12地域を選定した。

今後は、選定された重点地域に対して関係機関と連携し、以下の支援を実施する

・農山漁村振興交付金(農泊推進型)による追加的な受入体制整備を支援
・重点地域の宿泊・食事・体験等のコンテンツを紹介する特設webサイトやデジタルパンフレットによる情報発信、海外旅行会社等との商談会やモニターツアーの実施
・観光庁「地域観光新発見事業」について、重点地域を勘案した採択
・JNTO(日本政府観光局)による海外向けプロモーション

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る