FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

住吉寛紀 日本維新の会 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月28日

一覧へ

住吉寛紀 衆議院議員住吉寛紀 衆議院議員

○住吉寛紀
○日本維新の会
○衆議院議員
○選挙区:近畿ブロック
○出身地:兵庫県神戸市

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
デルタ株までの政府の対応は、諸外国と比べて人口当たりの死亡者数が少ないことからも評価できると思います。
吉村大阪府知事はオミクロン株侵入前の時期にワクチン接種2回目と3回目の間隔の短縮を要望しましたが、受け入れられず、結局オミクロン株が侵入してから医療関係者と高齢者施設などごく一部の短縮が認められました。これについては対応が遅すぎ、評価はできない。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。
基本的対処方針の見直しはするべきだと思う。オミクロン株はデルタ株に比べ感染力が強いと言われているが重症化率が低いので現在流行しているオミクロン株に対応するものに改善するべきだと考えている。

飲食店のみが犠牲になっている現在の基本的対処方針から社会全体が感染対策をしていくように方向転換すべきだと思います。

オミクロン株は感染力が非常に高いので保健所が必ず介入する仕組みは見直すべきだと主張していたが、やっと改善されてきたので引き続き検討を進めてほしい。5類への見直しも長所・短所を勘案して検討を始めるべきであると考えている。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

今回コロナ禍でリモートワークに注目が集まり、残念ながら日本は政府・行政組織のデジタル化が遅れていることが明らかになりました。

デジタル庁も発足したので今の完全な周回遅れにある日本の行政組織のデジタル化を組織を作ったからと満足することなく人材育成にも現政権には積極的に取り組んでもらいたいです。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る