人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

浅川義治 日本維新の会 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月31日

一覧へ

浅川義治 衆議院議員浅川義治 衆議院議員

○浅川義治
○日本維新の会
○衆議院議員
○選挙区:神奈川第1区
○出身地:横浜市

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

(1)(2)
ワクチン接種後の副反応は新型コロナ感染症治癒後、一定期間経過後も様々な後遺症に悩まされている方の対応策やフォロー体制がいまだに不十分であり、相談窓口や医療機関の早急な整備が必要である。

(3)
現行制度では国民生活を守る有事の対策が不十分なため経済の縮小、格差拡大について歯止めがきかない。私たち日本維新の会ではベーシックインカムを導入しこういった有事の際も対応できるように提言しています。国民生活や企業活動を維持していくための補償は強制力を伴う規制の場合は十分行わなければならないと考えます。
(4)
5類感染症と位置付けるならば、PCR 検査後の対応は縮小していいと考えます。ただしインフルエンザと同様に、どこの医療機関でも検査ができるようにすることが必要です。
今後の変異については、強毒化するかもしれず、検査がどこでも手軽に受けられるようにしておく必要はあります。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

オミクロン株は感染力が高いことから疾病の特性や医療提供体制、社会経済活動への影響を鑑み、感染症法上の位置づけを現在の2類感染症から5類感染症あるいは5類感染症相当へ変更すること、また研究結果を踏まえて濃厚接触者の隔離期間の短縮など変異株の特
性に合わせた対策を取るべきである。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

新型コロナウイルスに関わらず安全保障や自然現象でも想定外と言われることが昨今頻繁
に起こっている。今後、緊急時に備え速やかに対処できる法整備を早急に進めるよう提言し
たい。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る