第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

堤かなめ 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

堤かなめ 衆議院議員堤かなめ 衆議院議員

〇堤かなめ
〇立憲民主党
〇衆議院議員
〇選挙区:福岡5区
〇出身地:福岡県

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の間題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

初動や感染拡大期においても政府の対応は後手後手で、徹底した検査、医療支援、国民生活や事業者支援などの取り組みが不十分だった。コロナ対策より、経済優先でGotoキャンペーン、東京オリンピック・パラリンピックを優先するなどの姿勢も問題。また、宣言解除の基準も甘かったためリバウンドが何度も繰り返され、ワクチン確保の遅れや、所管大臣の役割が不明確であるという司令塔の複雑化も問題となった。
第6波は予想されていた、新規感染者が少なかった昨年秋にこそ、医療提供体制の拡充はもとより、必要な時に誰でもすぐに受けられる無料のPCR検査、陽性者全員の全ゲノム解析、自治体の在庫ワクチンを活用した医療従事者や高齢者の追加接種を促進すべきであった。支援についても、事業と暮らしを守るというのであれば、解散前に補正予算を組むべきであった。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

感染急拡大地域でもすみやかに無料検査が受けられるように、無料検査所を大幅に増やす。感染症法等を改正し、都道府県を超えた患者の受け入れや医療従事者の派遣のための体制等を法的に整備する。法的整備までの間は、首相をトップとする病床確保等本部を官邸に設置し、国と都道府県の協議の下、都道府県を越えて患者を受け入れる体制や医療関係者を融通し合う体制、在宅診療をフォローアップし保健所が対応できない自宅療養者等をケアする体制を確立すべき。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

新自由主義的な構造改革で痛んだ国民生活や疲弊した地方に感染症危機が襲いかかり、セーフティネットのぜい弱性を浮き彫りにした。過度な競争や効率化で、リスクに遭遇した人を「自己責任」だと孤立に追い込むのではなく、手厚いセーフティネットを構築し、つまずいても再起できる、誰一人取り残さない社会をつくっていくべき。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る