農薬 ニュース詳細

2013.03.15 
作業タイミングを自由に 除草剤「アクシズMX」一覧へ

 シンジェンタ ジャパンは3月22日から新規水稲用除草剤「アクシズMX1キロ粒剤」を販売する。15日に都内で会見を開いた。

「日本農業に貢献できる」と期待するステファン社長 「アクシズMX1キロ粒剤」は、同社開発で対ノビエに定評のあるピリフタリド、天然由来成分でイヌホタルイ、コナギなどSU抵抗性雑草に効果の高いメソトリオン(MX)に加え、日産化学工業が新たに開発したカヤツリグサなど多年生雑草に優れた効果を示すメタゾスルフロンの3成分を配合した初中期一発除草剤だ。
 ステファン・ティッツェ代表取締役社長は、新剤のコンセプトを「(集落営農や生産法人などの)大規模生産者がメインターゲット。さらなる作業の効率化を実現する」と紹介。「一発処理除草剤の新たな提案になる」と自信を見せる。
 剤の特長として、3成分配合による幅広い除草スペクトラムはもちろんだが、最大の特長は、移植7日後からノビエ4葉期(移植後30日)まで散布可能という幅広い散布適期だ。
「アクシズMX1キロ粒剤」 これにより、作業の進み具合や天候にあわせて自由に除草剤の散布時期を決めることができ、まき遅れによる雑草の取りこぼしもなくすことができる。作業のタイミングを自由に決められるため、大規模生産者のみならず、週末にしか作業ができない兼業農家にも有用だ。
 また、残効期間が処理後約40〜50日と長いため、近年、田植同時処理で問題となっているような中後期剤との組み合わせ施用も必要なく、この1剤のみで雑草防除を完了することができる。
 北海道を除いた全国で、系統・商系ともにシンジェンタ ジャパンが販売する。

(写真)
上:「日本農業に貢献できる」と期待するステファン社長
下:「アクシズMX1キロ粒剤」


(関連記事)
技術・人・土地を結びつけたソリューションを開発  シンジェンタ ジャパンがセミナー(2013.02.22)

【対談】「光り輝く農業を実現するための戦略を考えよう」  村田興文・シンジェンタ ジャパン株式会社取締役会長―谷口信和・東京農業大学教授 (2013.01.07)

「アピロトップ」にジャンボ剤を追加 シンジェンタ ジャパン (2012.11.28)

ミニトマト「アンジェレ」 シンジェンタがJA全農に種子独占供給 (2012.11.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ