農薬 ニュース詳細

2013.09.30 
有機JAS農産物、米国への輸出可能に一覧へ

 農水省は2014年1月1日から、有機JAS認定を受けた有機農産物・食品を、そのまま米国へ輸出できるように制度変更すると発表した。

 主なWTO加盟国は「有機」の名称表示を規制しており、各国ごとに異なる規格を設けている。そのため、農産物・食品などを「有機」として輸出入するためには、各国の認証を取得する必要があった。
 米国の有機農産物・食品は、すでに日本が米国の有機認証制度(NOP)と日本の有機JAS制度との同等性を認めており、2002年から輸入が認められていた。一方、米国はこれまで、日本の有機JASとNOPの同等性を認めていなかったが、このたび日本からの働きかけを受け、9月26日に双方で合意に至った。
 これにより、2014年1月1日から日本で有機JAS認証を受けた有機農産物・食品に「organic」と付けてそのまま米国へ輸出することができるようになる。有機農産物などの輸出をめざす事業者にとっては、手数料や手間が省け、輸出しやすい環境が整えられたことになる。


(関連記事)

【ブックガイド】有機農業の技術とは何か(2013.09.11)

第2期基本方針、12月策定へ 有機農業(2013.08.26)

スイスへの有機加工食品 輸出制限が緩和(2013.07.03)

精米の輸出目標は1万t 農水省の輸出戦略(2013.05.27)

農林水産物の輸出1兆円めざす 農水省(2013.05.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ