Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
JA三井リース中央(1)SP

スイスへの有機加工食品 輸出制限が緩和2013年7月3日

一覧へ

 7月1日から有機JAS制度に基づく有機食品のスイスへの輸出条件が変更される。同日、農林水産省が発表した。

 今回の変更で、スイス向けに輸出する有機農産物加工食品に使用できる原材料の原産地が、有機JAS制度と同等の水準にあると日本が認めている国に拡大されることになった。なお、平成25年6月30日までとなっていた有機食品を輸出できる有効期限も撤廃される。
 また、有機食品の輸入に際し、必要な証明書の発行機関として、EUおよびスイス連邦の有機認証機関が8機関追加され、全94機関となった。発行機関の全リストは農水省ホームページで掲載している。


(関連記事)

精米の輸出目標は1万t 農水省の輸出戦略(2013.05.27)

農林水産物の輸出1兆円めざす 農水省(2013.05.20)

牛肉輸出の倍増をめざす JA全農(2013.05.10)

「日本には有利な条件がある」 アジアへの輸出(2013.03.21)

3割弱が農産物輸出に意欲  日本政策金融公庫(2012.12.26)

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る