左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

防除・研究の犠牲になった虫を供養 農薬工業会2013年11月15日

一覧へ

 農薬工業会(神山洋一会長)は11月14日、東京・浅草の金龍山浅草寺本堂で第58回虫供養会を行った。

念仏が唱えられるなか、焼香をする参列者ら この会は、農作業の防除や殺虫剤の研究開発などのために犠牲になった虫を弔う同会の秋の恒例行事で、今年で58回目を迎えた。
 農薬工業会会員の農薬メーカーのほか、農水省、JA全農など関係者が多数参列し、焼香をした。
 神山洋一会長(日本農薬代表取締役社長)は「今年は水稲でカメムシ類、ウンカ類の発生が例年より多めだった。その意味では、非常に意義深い供養会になったと思う」と述べ、工業会をさらに発展させ日本農業に貢献していきたいとあいさつした。村田興文副会長(シンジェンタ ジャパン取締役会長)も、「日本の農業を支えていく業界の団体として、さらに日本農業を強く、そして世界に打って出られるようにするための一助になりたい」と今後の活動に向けての抱負を語った。

(写真)
お経が唱えられるなか、焼香をする参列者ら


(関連記事)

薬剤抵抗性対策に重要な情報源 日植防(2013.10.11)

植物防疫に貢献、3人の研究者を表彰 報農会(2013.09.27)

IPM、農家の我慢が大事 日植防シンポジウム(2013.09.20)

JAで微粒剤Fの利用すすむ 農薬工業会講演会(2013.07.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る