農薬 ニュース詳細

2013.10.11 
薬剤抵抗性対策に重要な情報源 日植防一覧へ

「農薬作用機構分類一覧」を発行

 生産現場で病害虫などの防除計画を作成するときに、薬剤抵抗性対策は重要な課題だといえる。しかし、現状では的確な資料がないため、農薬製品ごとに作用機構(同一系統)上のどの系統に分類されるかを見分けることは難しいといえる。こうした課題に応えるために、(一社)日本植物防疫協会(日植防)は「農薬作用機構分類一覧」を発行した。

「農薬作用機構分類一覧」 この「一覧」は、農薬製品ごとの作用機構分類を一覧表にし、病害虫防除において抵抗性対策に配慮した農薬選択を行うときに役立つ資料集だといえる。
 病害虫の薬剤に対する抵抗性を発達させないためには、同じ作用機構をもつ農薬を連用しないことが大事だといわれる。そのためには、使用しようとする農薬の作用機構分類を知ることが必要だ。しかしこれまで、有効成分ごとの作用機構分類が公表されている資料はあったが、個々の農薬製剤の作用機構分類が分かる資料はなかった。
 今回、日植防から発行されたこの「一覧」では、生産現場から抵抗性に対する要望が強い殺虫剤、殺菌剤について国内で登録のある農薬製品ごとに、その製品に含まれる有効成分の作用機構分類を一覧表にして掲載、使用する農薬の作用機構分類を商品ごとに確認できるようになっているので、農薬使用者はもとより防除指導者が病害虫防除計画を作成するときの貴重な情報源として活用できるといえる。
 また、殺虫剤抵抗性や殺菌剤耐性に関する解説も収録されており、農薬の薬剤抵抗性の入門書としても活用することができる。

【主な内容】
1.薬剤抵抗性について
 1殺虫剤抵抗性
 2殺菌剤耐性
2.作用機構による分類
 1製品別作用機構分類一覧(殺虫剤、殺菌剤、殺虫殺菌剤)
 2作用機構分類別製品一覧
3.農薬の作用機構分類
 1殺虫剤の作用機構分類(IRACによる)
 2殺菌剤の作用機構分類(FRACによる)

【価格など】
▽書名:農薬作用機構分類一覧
▽発行・編集:一般社団法人 日本植物防疫協会
▽定価:945円(本体価格900円)(A4判117頁、送料は無料)
▽発行年月日:2013年9月
▽ISBN:978-4-88926-134-9


(関連記事)

IPM、農家の我慢が大事 日植防シンポジウム(2013.09.20)

日植防が総会 創立60周年記念誌を発行(2013.06.14)

販売価格への反映が難しい環境保全型農業  日植防シンポジウム(2013.01.22)

薬剤抵抗性は生産コスト増大につながる 地域連携で対策を  日植防シンポジウム(2012.09.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ