想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

出荷数量、ほぼ前年同月並に 7月の農薬出荷2014年9月19日

一覧へ

 農薬工業会は平成26農薬年度(25年10月?26年9月)7月末の出荷実績(暫定)を公表した。前年7月末に比べて、出荷数量はほぼ同じだが、金額は3%ほど上回った。

 7月末までの累計出荷数量は、前年7月末に比べて1336t,kl(0.77%)多い17万4157t,kl。金額は同99億3500万円(3.25%)増の3154億2700万円だった。3月末時点では、数量・金額ともに前年同月に比べて13?14%上回っていたが、4月以降は毎月上回り幅が縮小し、7月末時点では数量はほぼ前年度並となった。
 使用分野別では、数量は水稲、果樹、野菜・畑作、その他、分類ナシのいずれも前年同月を上回っているが、金額では分類ナシが前月末に引き続き前年同月末を下回った。
 種類別では、数量は前月末に続き殺虫殺菌剤が前年同月を下回ったほか、今農薬年度になって初めて殺虫剤、植物調整剤も前年同月末を下回った。

平成26農薬年度7月末出荷実績(暫定)


(関連記事)

10月8日、福島で農薬ゼミ 100組200人を招待(2014.08.22)

数量・金額とも前年以上を維持 6月の農薬出荷(2014.08.22)

「食の安全で」情報交換会 農薬工業会(2014.07.28)

ミツバチの大量死 殺虫剤の可能性大(2014.07.24)

農薬、不適正使用・残留はほぼゼロ 農水省(2014.07.23)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る