農薬 ニュース詳細

2014.09.19 
出荷数量、ほぼ前年同月並に 7月の農薬出荷一覧へ

 農薬工業会は平成26農薬年度(25年10月〜26年9月)7月末の出荷実績(暫定)を公表した。前年7月末に比べて、出荷数量はほぼ同じだが、金額は3%ほど上回った。

 7月末までの累計出荷数量は、前年7月末に比べて1336t,kl(0.77%)多い17万4157t,kl。金額は同99億3500万円(3.25%)増の3154億2700万円だった。3月末時点では、数量・金額ともに前年同月に比べて13〜14%上回っていたが、4月以降は毎月上回り幅が縮小し、7月末時点では数量はほぼ前年度並となった。
 使用分野別では、数量は水稲、果樹、野菜・畑作、その他、分類ナシのいずれも前年同月を上回っているが、金額では分類ナシが前月末に引き続き前年同月末を下回った。
 種類別では、数量は前月末に続き殺虫殺菌剤が前年同月を下回ったほか、今農薬年度になって初めて殺虫剤、植物調整剤も前年同月末を下回った。

平成26農薬年度7月末出荷実績(暫定)


(関連記事)

10月8日、福島で農薬ゼミ 100組200人を招待(2014.08.22)

数量・金額とも前年以上を維持 6月の農薬出荷(2014.08.22)

「食の安全で」情報交換会 農薬工業会(2014.07.28)

ミツバチの大量死 殺虫剤の可能性大(2014.07.24)

農薬、不適正使用・残留はほぼゼロ 農水省(2014.07.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ