農薬 ニュース詳細

2015.10.01 
外用爪白癬治療剤「SKN-08」の原薬供給 日本農薬一覧へ

 日本農薬(株)は、佐藤製薬(株)が製造販売承認を申請している外用爪白癬治療剤「SKN-08」用原薬の供給契約を同社と締結した。

 外用爪白癬治療剤「SKN-08」は、日本農薬と佐藤製薬並びに(株)ポーラファルマが開発を進めてきたもので、佐藤製薬が製造販売承認を取得後、ポーラファルマと共に並行販売を行い、情報提供活動に携わる。
 「SKN-08」の有効成分は、日本農薬の農薬用殺菌剤の探索過程で発見されたイミダゾール系化合物であり、爪白癬の主要病原菌である白癬菌に対して極めて強い活性を示す。これまで外用治療が困難だった爪白癬に対する治療効果が期待されている。
 日本農薬は、今後も研究開発型企業として、農薬の研究・開発を通じて、関連する医薬、動物薬など周辺関連事業分野への応用、展開を鋭意検討していく。
 本件に関する問い合わせは、日本農薬(株)総務部 TEL:03-6361-1400まで。 

(関連記事)

連結売上高は460億2800万円 日本農薬(15.08.07)

「世界で戦える優良企業」目指す 神山洋一日本農薬社長(15.05.28)

【決算】売上高は349億4800万円 減収増益決算発表 日本農薬 (15.05.22)

新規殺ダニ剤2剤を上市 日本農薬 (15.03.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ