農薬 ニュース詳細

2015.10.13 
ダウ、塩素事業の大半を分離 ダウ・ケミカル一覧へ

 ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーは10月5日、クロールアルカリおよび誘導品事業の大半を分離し、オリン・コーポレーション(以下オリン社)が同事業を合併することを発表した。

 ダウ・ケミカルは、オリン社がダウの同塩素事業を合併することに関するスプリット・オフ取引を完了、これにより、売上高が70億ドル規模の業界最大手会社が誕生する。
 今回の取引には、ダウ・三井クロールアルカリ合弁事業における100%の持分に加え、ダウの米国メキシコ湾岸地域におけるクロールアルカリおよびビニル事業、全世界の塩素系溶剤事業およびエポキシ事業が含まれる。
 合併は、関連するエクスチェンジ・オファーが終了し、その他の条件が充足された後に完了した。エクスチェンジ・オファーの結果として、ダウは、発行済み普通株式を3400万株、つまり発行済み普通株式を約3%削減することになる。
 今回の取引により、ダウおよびダウ株主が受ける価値が増大し、46億ドル規模の税引後の非課税対価、つまり70億ドル規模の課税対象相当価値をもたらす。今回の取引により、ダウは2016年半ばまでに70億ドルから85億ドル規模の非戦略的事業および資産を売却する目標を上回り、現時点で税引前の売却収入は、120億ドル規模に達する。
 ダウのアンドリュー・リバリス会長兼CEOは「今回の取引によりダウは、売却目標を超えて節目を迎えただけでなく、さらなる利益率の拡大と資本利益率の増大に向けて、ダウが目標とするポートフォリオシフトへ大きく前進したことを意味する」と述べている。
 今回の事業分離取引の範囲には、全12地域における約50か所の製造設備、および約2300人の従業員が含まれており、これらは取引完了時点でオリン社に引き継がれた。

(関連記事)
「ワーキング・マザー」誌の ベストカンパニー100社に選出 ダウ・ケミカル (15.10.07)

四半期配当1株当たり42セント ダウ・ケミカル日本 (15.09.08)

第2四半期過去最高の増益決算発表 ダウ・ケミカル (15.07.27)

ダウ日本と丸和バイオ 緑地管理向け農薬の販売で合意 (15.07.15)

アグロフレッシュ事業売却でポートフォリオ管理を進展 ダウ・ケミカル (15.05.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ