Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水稲育苗箱専用殺虫剤「ゼロカウント」粒剤を新発売 ダウ・北興化学2017年11月29日

一覧へ

・特栽米や有機栽培米のニーズに対応

 ダウ・アグロサイエンス日本(株)と北興化学工業(株)は、水稲育苗箱専用殺虫剤「ゼロカウント」粒剤を12月1日より発売する。

 「ゼロカウント」粒剤の有効成分であるスピノサドは、過去10年以上にわたり、育苗箱施用剤の成分の一つとして、水稲の害虫防除に貢献してきた。

 今回、新たにスピノサド単剤として「ゼロカウント」粒剤を発売することにより、農薬の成分数が限られる特別栽培や、化学合成農薬を使用しない有機栽培を行う生産者に向けて、より使い易い選択肢を提供することを狙いとしたものだ。

左が北興化学工業(株)、右がダウ・アグロサイエンス日本(株)のゼロカウント粒剤(写真)「ゼロカウント」粒剤のパッケージ


 ◎「ゼロカウント」粒剤の特長
・有効成分スピノサドは、化学合成ではなく天然物由来の物質であることから、有機JAS規格での使用が認められている。野菜や果樹においても、付加価値 の高い特別栽培や有機栽培で利用されている。
 「ゼロカウント」粒剤は、水稲でも育苗箱処理することで、稲に被害をもたらすイネドロオイムシ、イネミズゾウムシ、ニカメイチュウ、イネツトムシ、フタオビコヤガなどの重要害虫を防除する。
 「ゼロカウント」粒剤は、稲への安全性が高いため、播種前でも処理することが出来る。播種前の培土混和時から移植直前まで、幅広い箱育苗の時期で使用できるので、生産者は各スケジュールに合わせて作業ができ、播種同時施薬機も使えることから、作業労働を軽減することが可能だ。
 「ゼロカウント」粒剤は、12月1日より、ダウ・アグロサイエンス日本(株)および北興化学工業(株)が、商系・系統両ルートを通じ販売する。規格は1キロ袋×12と大型規格の2種類を予定している。

○問い合わせ先(1):ダウ・アグロサイエンス日本(株)事業企画部
○TEL:03-5460-2301

○問い合わせ先(2):北興化学工業(株)営業部技術チーム
○TEL:03-3279-5161

 

(関連記事)
農業現場の課題に応え 新たな時代を【上園孝雄・協友アグリ(株)代表取締役社長】(17.09.21)
バイエルがJA全農と種子処理剤を共同開発(17.03.07)
水稲育苗箱用殺虫殺菌剤「箱大臣粒剤」を発売(17.02.27)
【水稲育苗期と初期防除】予防的初期防除で健全な苗を育成(17.02.24)
ミネクトシリーズ3剤登場 シンジェンタ ジャパン(株)(17.01.24)
【IPM(総合的病害虫・雑草防除)】何が必要か?使える防除方法を選び組合わせる(16.12.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る