左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

うどんこ病に効果「ショウチノスケフロアブル」新発売 OATアグリオ社2018年3月27日

一覧へ

 OATアグリオ社は、うどんこ病に優れた防除効果を発揮する新規殺菌剤「ショウチノスケフロアブル」の発売を3月16日から開始した。

うどんこ病に効果「ショウチノスケフロアブル」新発売 OATアグリオ社 「ショウチノスケフロアブル」は、各種作物のうどんこ病に対して優れた防除効果を発揮するフルチアニルと、うどんこ病や灰色かび病等に対し広いスペクトラムを有するメパニピリムの混合剤だ。2成分の相乗効果により各作物のうどんこ病に対し、高い安定した効果を発揮する。また、作用点の異なる2つの有効成分を有していることから、既存剤耐性のうどんこ病に対しても高い効果を発揮し、また耐性菌発達のリスクを抑えることができるという。
 さらに、残効性に優れているので、1シーズン中のうどんこ病の防除回数の低減が期待出来るという。
 また、有用昆虫や天敵に対する影響が小さいのでIPM(総合的病害虫管理)の資材として使用することもできる。
 適用病害は、いちご・キュウリ・ナスの「うどんこ病」「灰色かび病」。メロン・すいかの「うどんこ病」となっている。

 

(関連記事)
園芸用殺菌剤「GATTEN(R)」米国で登録取得 OATアグリオ(株)(18.03.23)
豆類を2割増収 液体複合肥料「ルートビーズ」 OATアグリオ(17.04.18)
ジェネリック農薬の適切・迅速な導入図る 日本ジェネリック農薬協議会設立(17.01.20)
イチゴ苗病害虫防除装置を小型化 農研機構(17.12.14)
ジェネリック農薬で協議会を設立 JA全農(16.12.01)
過酷な気象・土壌条件下でも生育を維持 液体微量要素複合肥料「鉄力トレプラス」 OATアグリオ(16.04.19)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る