左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フルチアニル剤がEUで承認される OATアグリオ(株)2019年3月18日

一覧へ

 OATアグリオ(株)が自社開発した殺菌剤「フルチアニル」が欧州委員会の植物・動物・食品・飼料に関する常任委員会(SCoPAFF)において農薬新規有効成分として承認された。

 フルチアニルは新規の化学構造を有し、うどんこ病に対して特異的かつ低薬量で優れた殺菌活性を示し、既存剤に対して感受性が低下したうどんこ病に対しても高い効果を発揮する。今後速やかに、ぶどう、花卉・観葉植物のうどんこ病防除専用剤としての製剤登録を取得する予定。
 今回のEUでの農薬登録承認は、日本、韓国、アメリカに次ぎ世界で4番目で、同社では本剤の積極的な海外展開を図り、海外農薬事業の更なる拡大を進めていく予定だ。

 

(関連記事)
オランダのクリザールグループ関連20社の全株式を取得 OATアグリオ(18.11.21)
うどんこ病に効果「ショウチノスケフロアブル」新発売 OATアグリオ社(18.03.27)
園芸用殺菌剤「GATTEN(R)」米国で登録取得 OATアグリオ(株)(18.03.23)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る