おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「作物保護」の視点入れて業界イメージ向上へ 農薬工業会通常総会2022年5月19日

一覧へ

農薬工業会は5月18日、通常総会を開き、2021年度事業報告や2022年度事業計画を承認するとともに役員改選を行った。今年度の重点事業計画では、「作物保護」の視点から資材の1つとして農薬の大切さをアピールして業界イメージの向上などに取り組むことを新たに盛り込み、カーボンニュートラルの動向やコロナ禍の社会変化に対応した情報発信を通して日本や世界の農業発展に寄与する方針を打ち出した。

農薬工業会通常総会.jpg

左から廣岡事務局長、松浦専務理事、小澤副会長、本田会長、的場副会長、藤本副会長

今年度の事業方針としては、SDGsと関連づけた「JCPA VISION 2025」ビジョン活動の持続的強化のために、カーボンニュートラルなどの政策動向やコロナ禍による社会変化に対応した情報発信を通して、日本や世界の農業の発展に寄与することを打ち出した。また、農水省の「みどりの食料システム戦略」に対しては、会員各社が「食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立」に資する技術イノベーションの創出に力を入れる方針を示した。

重点事業計画としては、新たに「作物保護」の視点を入れて、外部環境変化も考慮したビジョンのリニューアルの検討開始と業界イメージの向上に取り組む事業を盛り込んだ。これについて、総会後の記者会見で、本田卓会長や廣岡卓事務局長が「これまでは農薬の安全性のアピールが中心だったが、メーカーの活動も作物保護のために農家にどんな技術を提供するかという流れに変わってきており、作物保護の視点から資材の1つとして農薬の大切さをアピールし、より安定的で持続可能な農業を目指して情報発信したい」と説明した。

それ以外の重点事業計画としては、▽農薬取締法等農薬規制に関する諸課題への的確な対応▽安全・広報活動の戦略的推進と科学的データに基づく情報の積極的発信▽スチュワードシップ活動の推進及びコンプライアンスの確保▽農薬業界のグローバル化に呼応した活動推進が盛り込まれた。

◎2022年度農薬工業会役員・委員体制(5月18日付・敬称略)
▽会長 本田卓(日産化学株式会社 取締役副社長)
▽副会長 的場稔(シンジェンタジャパン株式会社 代表取締役社長)
▽副会長 藤本博明(住友化学株式会社 執行役員)
▽副会長 小澤敏(三井化学アグロ株式会社 代表取締役社長)・新任
▽常勤理事 松浦克浩(農薬工業会専務理事)

▽幹事 吉田潔充(石原産業株式会社 取締役常務執行役員)
▽幹事 寒河江充宏(株式会社エス・ディー・エス バイオテック 代表取締役社長)
▽幹事 安藤敏(協友アグリ株式会社 代表取締役社長)・新任
▽幹事 小池好智(クミアイ化学工業株式会社 代表取締役会長)
▽幹事 藤井茂樹(ダウ・アグロサイエンス日本株式会社 代表取締役社長)
▽幹事 溝口正士(日本曹達株式会社 執行役員)・新任
▽幹事 友井洋介(日本農薬株式会社 代表取締役社長)
▽幹事 大島美紀(バイエルクロップサイエンス株式会社 ビジネスファイナンス部長)
▽幹事 野田信介(BASFジャパン株式会社 マーケティング部長)・新任
▽幹事 佐野健一(北興化学工業株式会社 代表取締役社長)

<各委員会委員長>
▽運営委員会 小松英司(日産化学株式会社)
▽技術委員会 吉田浩之(シンジェンタジャパン株式会社)
▽広報委員会 鈴木欣也(住友化学株式会社)
▽安全対策委員会 乾公正(石原産業株式会社)
▽国際委員会 中村雅彦(三井化学アグロ株式会社)・新任

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る