おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

3月末の出荷実績は数量、金額ともに減少 2022農薬年度2022年5月20日

一覧へ

農薬工業会は、2022農薬年度の3月末出荷実績(暫定)を公表した。

10月~3月出荷累計では数量109万1000トン(前年度比2万6000トン減、97.7%)、金額2273億7000万円(前年度比5億3000万円減、97.7%)だった。

使用分野別でみると、数量では水稲は7.3%減、果樹は1.5%増、野菜畑作は0.3%減、その他は0.8%増、使用用途の分類をしないものは4.3%減だった。金額は水稲が5.7%減、果樹は0.9%減、野菜畑作は1.4%増、その他は4.1%減、使用分野の分類をしないものは4.2%減だった。

種類別でみると、数量では殺虫剤は1.6%減、殺菌剤は0.7%減、混合剤は12.7%減、除草剤は0.6%減、植調剤は3.6%減だった。金額では殺虫剤が1.4%減、殺菌剤は1.2%減、混合剤は13.8%減、除草剤は0.3%増、植調剤は3.8%減だった。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る