想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

産直品や人気コープ商品が大集合 コープみらい2014年2月17日

一覧へ

 千葉・埼玉・東京を事業エリアとする生協のコープみらいが、2月23日(日)千葉市の幕張メッセ国際展示場で「コープみらいフェスタ きやっせ物産展2014」をコープネット事業連合と共催して開催する(入場は無料)。

 この「きやっせ物産展」は、人気のコープ商品や産直品の試食・販売に加えて、親子での体験イベントやコープみらいが取組む事業が紹介される。
 会場は「食卓を笑顔に、地域を豊かに。」のテーマに沿い、▽日本の食、応援▽誰もが利用しやすい生協▽地域とつながり、くらしやすい社会▽くらしの安心へ、誰もが頼れる生協▽声を聴き、活かす生協▽みらいの社会貢献活動の6つのゾーンに分かれている。
 生協の取引先や生産者が肉や魚、冷凍食品や加工品を販売や新鮮な千葉県産の農産物の直売や、組合員グループによる手作り品の販売も行われる。また、震災復興支援コーナーでは復興支援商品の販売や東日本大震災復興支援の取組みも紹介される。
 さらに、千葉県袖ケ浦市を拠点に、買い物弱者を支える「コープの移動店舗 ふれあい便」(移動販売車)の展示、今年8月に千葉県四街道市内に開設される予定のサービス付高齢者向け住宅「コープみらいえ」の紹介も行われることになっている。


(関連記事)
4カ月連続で前年同月超え 生協12月供給高(2014.02.07)

再生可能エネルギーの推進求める 生活クラブ (2014.01.15)

【2014年頭所感】浅田 克己 氏(日本生活協同組合連合会 会長)

メニュー表示偽装で政府に意見書 生活クラブ(2013.12.17)

個配が今年度最高の伸び 生協10月度供給高(2013.11.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る